ウォーターサーバーのメリットとデメリット

ウォーターサーバーの水は、水道水に比べると安全で美味しいという特徴があります。ただし、ウォーターサーバーの導入を検討している場合、メリットとデメリットを理解しておく必要があります。
ウォーターサーバーの一番のメリットは、何といっても「安全で美味しい」ことですが、冷水と温水がすぐに使えることも大きいです。暑い夏に外から帰宅して、冷たい水がすぐに飲めるのはうれしいですね。温水(熱湯に近いです)もすぐに使えます。忙しいときにわざわざお湯を沸かすことなく、お茶を入れることができますので便利です。また、重たいペットボトルを家まで運ぶ必要もなくなります。
ウォーターサーバーにはデメリットもあります。まず設置場所が必要なことです。キッチンやダイニングなどにサーバーを置く場所と電源が必要なのです。最近はコンパクトなものもありますので、部屋が狭くても、ほんのちょっとの空スペースでも置くことができます。一人暮らしのワンルームでも大丈夫そうですね。
その他のデメリットとしては、水のタンクが重く、女性だと交換が大変なことです。空になったタンクの処理もデメリットになるかもしれませんが、タンクの回収サービスをしてくれるメーカーがあるようです。
電気代もウォーターサーバーのデメリットと思われがちですが、お湯を沸かすときのガス代や電気代が節約できることを考えると、デメリットという程ではないでしょう。

注目の記事

ウォーターサーバーのメリットとデメリット

記事を読む

赤ちゃんのミルク作りにはウォーターサーバーの水が良い

記事を読む

ウォーターサーバーを選ぶポイント

記事を読む