富士の湧水〜自然の恵みたっぷり〜

「その宅配水は、天然水ですか?」のCMでおなじみの富士の湧水。日本で販売されている水は、大きく分けてRO水と天然水の2つがありますが、富士の湧水は天然水から作られています。
名前から分かるように、富士山の北麓、詳しくは山梨県富士吉田市の富士山北麓・海抜約950mの富士山箱根伊豆国立公園内の湧水を使っているそうです。地下200m以上の深井戸からくみ上げた湧水は、自社工場で徹底した衛生管理のもと万全の体制でボトリングしています。バナジウムがたくさん含まれた「自然の恵みいっぱい」の天然水でありながら、とても衛生的なのです。ちなみにバナジウムとはミネラル成分の一種で、体の機能の維持・調節に必要不可欠な栄養素です。
まろやかでクセのない味も富士の湧水の特徴です。天然水の本来の美味しさをできるだけそのまま残していますので、この味を提供できるのですね。
さらに、富士の湧水は使いきり容器を採用していて、いつも新品の衛生的な容器に天然水をボトリングしていますので、とても安心です。この容器はつぶしてすぐに捨てられるため、空容器がたまってしまうこともありません。
価格は高めですが、わざわざ富士山麓で汲み上げていることを考えれば仕方がないかもしれません。日本人は富士山には弱いですからね。

注目の記事

ウォーターサーバーのメリットとデメリット

記事を読む

赤ちゃんのミルク作りにはウォーターサーバーの水が良い

記事を読む

ウォーターサーバーを選ぶポイント

記事を読む